木が劣化する1つの要因

木について

「水を吸って腐る」以外の木を劣化させる大きな要因は、太陽光にさらされることです。

外で使用される木材は、太陽の光の中の特に紫外線によって変質し、最終的に銀鼠色(シルバーグレー)になっていきます。この時、木の中の特定成分(ポリフェノール類やリグニンなどの着色成分)が分解し、退色や劣化が起こっています。劣化いた成分は雨により洗い流されることで、次第に剥がれ落ちていきます。

この光と熱による木材の劣化を防ぐには、塗料等によって木材の表面を保護することが効果的です。
保護することで、紫外線をカットし、内部への紫外線の侵入を防ぐ効果が期待できます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧