木はなぜ腐るの?

木について

木が腐るのは「木材腐朽菌」という空気中、土の中など、私たちの身の周りのどこにでもいる菌の仕業です。

「木材腐朽菌」は、①温度、②酸素、③水分、④栄養分の4つの条件が揃った時にはじめて繁殖します。木塀・デッキ・外壁など、外部で使う木材の場合、①温度、②酸素は調節できません。④栄養分は木材自体に含まれます。そう考えると、木を腐らせないためには、③水分を十分に与えないことが大切になってきます。

木材を外部で使用する場合は、よく乾燥した材料(含水率25%以下のもの)を使うことと、木材になるべく水を吸わせないこと、が重要です。水を吸った状態を放置してしまうと、腐朽菌やシロアリなど害虫による侵食、カビや藻の発生、凍結→膨張による組織の破壊等、あらゆる劣化をしんこうさせる原因となります。この現象を抑えること、つまり”水を吸わせないこと”が外部で使用する木材を長持ちさせる最も有効な手段の一つなのです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧