色を生かして木材を守る

ウッドエイドカラーA

  • HOME
  • ウッドエイド カラーA

What is ウッドエイド カラーA

シリコーンゴムとアクリルのハイブリッドによって生まれた水性の木材用着色塗料がウッドエイド カラーAです。従来の硬い被覆の塗料と異なり、シリコーンゴムの弾性皮膜が木材の膨張と圧縮に追従することから、色持ちがよく、耐候性・撥水性・通気性をより長く発揮します。さらに防カビ・防虫・防腐性能もプラスした新しいタイプの塗料です。水性なので、油性に比べて取り扱いしやすく、安全に木質外壁やエクステリア着色できます。

ウッドエイド カタログ
ウッドエイド サンプル
  • 製品情報
  • カラー
  • 仕様
  • ウェブショップ
  • 塗装方法


▲子供も安心してお手伝いができます。(ウッドエイド以外が塗装されている木材のメンテナンスにも、使用可能です。)
<hr


1. 絵の具のように塗りやすいので作業が簡単!

ウッドエイド カラーAは水性系の木材保護塗料です。
樹脂や顔料を水に溶かしているので、絵の具のように手軽に塗装が楽しめます。
水は油に比べて蒸発するスピードが速いので、塗料が乾いて塗膜をつくるまでの時間も短いという特徴があります。2回目の仕上げ塗りをする時も、塗料が早く乾くことで、素早く作業に入ることができます。

メンテナンスにもオススメです。
・刺激臭もなく、近隣への影響を気にせずに塗装することができます。
・メンテナンスの再塗装でも、以前の色が浮き出ずにきれいに着色できます。
・以前塗った塗料が他社塗料の場合でも、上から塗り重ねることができます。

<hr


2. 人と環境に優しく安心

ウッドエイドカラーAの主成分はシリコーンゴムです。
シリコーンは、生まれたばかりの赤ちゃんが使用する哺乳瓶の飲み口部分などにも使われ、生活の中に幅広く浸透している安全性に優れた素材です。
このシリコーンは、酸素や水蒸気を透過する通気性にも優れているため、直接人体につけるコンタクトレンズや化粧品にも使われています。
この性質を利用したウッドエイド シリーズは、木の呼吸を妨げず、必要以上の水分を吸収させないコントロールをしています。
また、溶剤を使わない水性系なので人と環境に優しく室内でも安心してご使用いただけます(F☆☆☆☆相当)

<hr


3. 日差しで劣化しやすい木材を守る!

ウッドエイド カラーAは耐候性に力を入れた塗料です。
木材は、太陽の紫外線などにより、木の中のポリフェノールやリグニンなどの成分が分解され劣化を起こしてしまいます。
木の表面が劣化してしまうと、木材を保護するために塗装した塗料の成分も劣化した木と一緒に剥がれ落ちてしまうことがあります。ウッドエイド カラーAは、標準塗布量を守って、しっかりと塗膜をつくることで、太陽光による木の劣化を抑え、木材の耐候性を高める塗料です。


▲必要以上に水分を吸収させない。安定した塗膜を形成します。

 



◼︎ 全12色のラインアップ

ホワイト
ウッドエイドカラーA(ライトオーク)ライトオーク
ウッドエイドカラーA(マホガニー)ライトマホガニー
ウッドエイドカラーA(マホガニー)マホガニー
ウッドエイドカラーA(チーク)チーク
ウッドエイドカラーA(ウォルナット)ウォルナット
ウッドエイドカラーA(ダークオーク)ダークオーク
ウッドエイドカラーA(ブラック)ブラック
ウッドエイドカラーA(グレー)グレー
ウッドエイドカラーA(ダークグリーン)ダークグリーン
ウッドエイドカラーA(ダークブルー)ダークブルー
ウッドエイドカラーA(クリア)クリア
この色見本は画面の種類や設定により、実際の色合いと異なる場合があります。
「無料サンプルのお申し込み」にてサンプル塗料を申し込み、確認していただくことをお勧めいたします。


◼︎ウッドエイドカラーAの仕様

商品名 ウッドエイド カラーA 品 名 合成樹脂塗料(水系)
成分 合成樹脂(アクリル・ウレタン・シリコーンゴム)、顔料(クリアは除く)、防カビ剤、防腐剤、防虫剤、水
塗り面積 8.3㎡/1kg、33㎡/4kg、133㎡/16kg
(2回塗りで標準塗布量0.12kg/㎡)
用 途 ログハウス、ウッドデッキ、バルコニー、ベンチ、雨戸、羽目板、板壁などの未塗装木部。ラティス、トレリス、プランターなど未塗装のガーデン用木製品。
※絶えず水がかかったり水に浸かるところやいつも湿っているところ、また頻繁に歩行する床面には適しません

素地調整を十分に行い、次の標準塗装仕様、塗装方法に従って塗装して下さい。なお、塗装前には必ず試し塗りをして下さい。

標準塗装仕様

塗装する木材 木部全般
標準塗装 2回
素地調整 汚れや埃を取り除き、ヤニや油分はペイントシンナーで拭き取りよく乾かす。
表面が荒れているときはサンドペーパー(#180~#240)をかけて平らにする。
塗装間隔 2時間以上
木材含水率 15%以下
標準使用量 0.12kg/㎡
塗装方法 ハケ塗り

1.ウッドエイド カラーAの1回目の塗装時は下地に吸い込ませるようにたっぷりと塗ること。
2.塗装間隔は気温20℃の場合、低温時は適宜延長する。
3.塗布量確認のため色見本と比較し、色が薄い場合は塗り重ねる。
※塗布量は、塗料設計時の初期性能を維持するための量です。この量を下回ると性能維持が困難になることがありますので十分にご注意下さい。
※塗り替えの時は、木材の劣化が進み塗料を吸いやすい状態の場合があり、塗装面積が表示の面積よりも少なくなる場合があります。


ウッドエイド カラーAの製品特徴
ウッドエイド カラーAの取り扱いについて



◼︎ウッドエイド シリーズは、ウェブで購入が可能です。

ウッドエイド ウェブショップ ウッドエイド アマゾンショップ ウッドエイド ヤフーショッピング

ウッドエイドカラーAの性能が
「安全に」「十分に」発揮できますように
かならずお読みいただいた上で、
正しくご使用ください。

取扱い上の注意
本製品は安全に配慮して製造していますが、誤った使い方をすると人的事故や物的損害を引き起こす原因となり、大変危険です。ご使用の前には「取扱上の注意」を必ずお読みになり、記載事項を守って安全に正しくご使用ください。

塗装前の確認

1. 表示の用途以外に使用しないでください。

ログハウス、ウッドデッキ、バルコニー、ベンチ、雨戸、
羽目板、板壁などの未塗装木部。
※ 絶えず水がかかったり水に浸かるところやいつも湿っているところ、また頻繁に歩行する床面には適しません。

2. 塗装方法に記載の注意事項もよく読んでから使用してください。

3. 塗布量が少ないと耐候性など十分な性能が発揮できないので、標準塗り面積を目安に塗装してください。

4. 塗装時及び乾燥するまでの間、降雨が予想される場合や、気温5℃以下または湿度85%以上になることが予想される場合は塗らないでください。

塗装前の準備

素地・下地調整

1. 素地調整は十分に行ってください。

2. 素地の乾燥は十分に行ってください。部分的に湿っていると色むらになることがあります。

3.下地の吸い込みの度合いによって仕上がりの状態や乾燥性が大きく左右されますので、予め目立たない部分で必ず試し塗りをして、色・浸透性・下地への影響を確かめてから塗装してください。

クリアの使用

1. 色を薄くしたい場合クリアで薄めることができます。ただし、色が薄くなると耐候性が低下しますので充分に注意してください。

2. クリアは耐候性が劣るためクリア単独での屋外使用はできません。

塗装方法

1. 塗る面のゴミ・ホコリ・泥・カビ・苔・藻などを十分取り除きます。汚れがひどく落としにくい場合はデッキブラシなどで水洗いし、よく乾かします。

!注意事項!
他の塗料が塗装されている場合は塗れません。旧塗膜を十分に取り除いてから塗装してください。

2. ヤニの多い箇所はあらかじめラッカーうすめ液でヤニをふきとっておきます。

3. 目の粗い木はサンドペーパー(#180〜#240)を軽くかけてから塗装します。

4. 本品が付着して困るところは、あらかじめマスキングテープなどで覆っておきます。

!注意事項!
床にこぼれると滑りやすくなりますのでしっかりと養生してください。

5. ふたを開ける前に容器を逆さにしてよく振り動かして塗料を均一にし、必要量を口の広い容器に移します。

!注意事項!
使用中もときどきかき混ぜてください。

6. 薄めずに、塗装は水性ハケを使います。広い平面の場合はコテバケを使用するときれいに塗ることができます。

(標準使用量:2回塗りで0.12kg/㎡ 8.3㎡/1kg 33㎡/4kg 133㎡/16kg)
性能を発揮するためには浸透と塗布量が大切です。特に1回めの塗装は丁寧に行い、できるだけ木材に浸透させてください。

!注意事項!
※塗りすぎには十分に注意してください。乾燥遅延やベタ付きなど支障が出る場合があります。
※ローラーやスプレーなどはムラになりやすく仕上がりが悪くなるので避けてください。

※伸びが悪い場合や乾燥が早すぎる場合は、任意に1〜10%程度まで水で希釈することができます。希釈しすぎると性能を著しく損なう恐れがありますので十分に注意してください。

7. 塗り重ねる場合は、夏季は2時間以上、冬季は5時間以上乾燥させてください。マスキングテープは塗料が手につかなくなったら剥がします。

!注意事項!
塗料が落ち着き、十分な性能が発揮されるまでには塗装後1週間程度掛かりますので、それまではなるべく過度な使用は避けてください。

 

塗装後の注意点

仕上がりの注意点

1. 塗装後は6時間以上水がかからないように養生してください。

2. 塗装時及び乾燥するまでの間、降雨が予想される場合や、気温5℃以下または湿度85%以上になることが予想される場合は塗らないでください。

3. 色を薄くしたい場合クリアで薄めることができます。ただし、色が薄くなると耐候性が低下しますので十分に注意してください。

4. クリアは耐候性が劣るためクリア単独での屋外使用はできません。

5. 均一に標準塗り面積を塗装した塗りたて時の見かけの色と、乾燥した後の実際の色は若干異なります。

6. 下地の色や吸い込み度合いによって仕上がりの状態や色、乾燥性が大きく左右されますので、あらかじめ目立たない部分で必ず試し塗りをして、色・浸透性・下地への影響を確かめてから塗装してください。/strong>

7. 木肌が滑らかでも1回めの塗装が十分に乾燥した後、塗装表面にざらつきが生じた場合はサンドペーパー(#320程度)を軽く当ててから2回めを塗ると滑らかに仕上がります。

8. 塗り面積・乾燥時間・着色力・色相などは、素材・塗り方・気象条件等により異なります。

 

用具の手入れ方法

1.使用した用具は乾かないうちに、新聞紙かボロ布でできるだけ塗料を拭き取り、水かお湯で洗ってください。

 

塗装後の注意点

1. 塗装後は、手洗い及びうがいを十分に行ってください。

2. 容器は塗料を使い切ってから捨ててください。

3. やむを得ず塗料を捨てる時は、水性塗料用固化剤で固化するか、新聞紙などに塗り広げ、乾かしてから一般ゴミとして処分してください。

4. 万が一、床面にこぼして乾燥した部分は、雨などで濡れているときや、靴下のまま歩いたとき、または履物の種類によっては歩行の際に滑りやすくなりますので十分に注意してください。

4. 塗装面の上に塩化ビニル製品(子供用プールやレジャーシートなど)を長時間置かれた場合には、塗装面に跡が残ることがあります。

塗装後のメンテナンス(塗り替え)

ウッドエイド カラーAは、日光や降雨により色あせてきたら塗り替え時期です。日光が当たる南面か日陰の北面か、雨の直接かかるところかどうか等、塗装した箇所の条件により劣化の程度が大きく変わります。

保管方法

● 直射日光を避け涼しく乾燥した場所に貯蔵、施錠して保管すること。

● 凝固するのを避けるため0℃以下で保管しないでください。

● 残った塗料は、必ずフタをし、幼児の手の届かないところに保管し、子供が誤食・誤飲・いたずらをしないよう注意してください。

安全対策

1.表示の用途以外に使用しないでください。また、塗装方法に記載の注意事項もよく読んでから使用してください。

2.食器など直接食べ物が触れるところやテーブルなど長時間皮膚が触れるところには塗らないでください。

3.病人、妊娠、乳幼児、薬剤によってアレルギー症状やかぶれ等を起こしやすい方、特異体質の方がいる場所では取り扱わないでください。

4.犬小屋や鳥かご、その他ペットなどが舐めたり、かじったりするような木部には塗らないでください。

5.塗料が金魚や鯉などの魚類がいる池に入らないよう、また、草木などの植物にかからないよう注意してください。

6.塗料が河川、池、下水道に入らないよう注意してください。

7.塗料がすでに塗られている面や化粧合板には塗れません。

8.塗料がついても支障がない服装で作業してください。

9.目に入ったり、皮膚に付着しないよう、また誤飲しないよう注意して取り扱ってください。皮膚に付着したまま放置すると炎症を起こすことがあります。必ず保護手袋を着用してください。

10.取り扱い時は飲食または喫煙をしないでください。塗装中、乾燥中とも換気をよくしてください。

11.素地調整は十分に行ってください。

12.素地の乾燥は十分に行ってください。部分的に湿っていると色むらになることがあります。

13.塗布量が少ないと耐候性など十分な性能が発揮できないので標準塗り面積を目安に塗装してください。

救急処置

●目にはいた場合には、直ちに多量の水で15分以上洗い、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

●誤って飲み込んだ場合には、直ちに口をすすぎ、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

●蒸気、ガスなどを吸い込んで気分が悪くなった場合には、空気の清浄な場所で安静にし、必要に応じて医師の診察を受けてください。

●皮膚に付着した場合には、多量の石鹸水で洗い落とし、痛み又は外観に変化のある時は、医師の診察を受けてください。